様々なトラブルを解決するために、専門機関を利用する

人生は様々なトラブルがつきもの法律で解決

交通事故のむちうち

むちうちとはどういうものか

そもそも「むちうち」とは、交通事故(特に追突事故)で発生する「頸椎捻挫」のことであり、わかりやすく書くと「首の捻挫」ということになる。 このむちうちは悪化すると頸部が腫れあがり痛くて、夜寝ることも苦しくなり、嘔吐などを伴う場合もある。 衝突の急激なショックで頸部が縮み上がってしまったり、過度な勢いで首を振ってしまった時に起こる。 実際の交通事故によるむちうちは その場では何ともないことも多く、数日後痛みだすことも少なくない。そうした場合においては後述するようにしっかりとした対応を取ることが肝要である。 今の時期の冬などは積雪やアイスバーンなどにより交通事故によるむちうちの患者がかなりいる。 歩いていても交通事故に巻き込まれることが多い時期なので十分注意することが大事である。

頸椎捻挫になった時の対応

まず、痛くなった場合警察に人身事故扱いの手続きをしてもらいに行く。法律上「傷害」ということになるので警察から調書を取られるが 毅然とした態度で臨むことが肝要である。たまに「腫れていないから。」などと言う警察官もいるが、しっかり自分は被害者で相手は過失とは言え傷害を行ったという態度で自分の意見を言っていくことが大事である。 調書が終わると、保険屋との交渉に入るが、色々と書類も書かなくてはならず「むちうち」という診断書ももらわなくてはならないし 病院に行った日なども記載しなくてはならないが、これは万が一裁判になった時に必要な証拠なので、保険屋に提出する前に一通りコピーを取っておくことをお勧めする。警察から交通事故証明書をもらうが、それも郵送する前にコピーをとっておこう。 むちうちはとにかく悪化するとひどい目にあう。 追突された後、少しでも頸部に違和感があったら迷わず整形外科に行って診断書を書いてもらうことが大事である。

  • 二つの違い

    交通事故に合ってしまうと、後遺症や後遺障害になることがあります。両者は似ている言葉ですが、内容は大きく異なります。どのような違いがあるのか知ることが重要になります。

    詳しく読む

  • 問題を解決するために

    相続に関することは、問題が起きやすいものです。問題が起こらないようにするためには、弁護士への依頼を行うことが重要になります。弁護士を間に挟むことが大切なのです。

    詳しく読む

  • 財産の対象

    相続には、対象となる財産があります。手続きを行うことによって、それらを引き継ぐことが出来ます。わからないことや疑問点は弁護士に一度相談を行ってみましょう。解決の糸口になります。

    詳しく読む